金剛筋HMBの正しい飲み方は、できていますか?なんとなく飲んでいるのはもったいない!どうせなら筋力効果がアップする飲み方をしたいですよね?

すっきり効果のある商品や、ダイエット目的の商品などは、寝る前に飲むことで、翌朝にすっきり効果が期待できるものが多いですが、金剛筋HMBも、寝る前に飲むと良いというのは本当なのでしょうか。飲み方によって、効果に差がでるのかどうかを調査してみましょう。

>>【ロナウジーニョ愛用】金剛筋HMBの詳細を確認する

金剛筋HMBを飲むタイミングとは

金剛筋HMBは、1日6粒を目安に摂取します。

1日分約6キロカロリーと低カロリーなので、カロリーが気になる方にも嬉しいですね。

ポイント1:タイミング
飲むタイミングは、トレーニング前・朝の出勤前に飲むのが有効的とされています。

軽い運動をする前や、トレーニング前といった、体を動かす前に摂取することで筋トレ効果をアップさせてくれます。

また、飲めば飲むだけ効果がでるというものではなく、効果が現れる摂取量というのは1日のうちで決まっているため、容量を守るようにしましょう。

1日分の目安の量は、1000~3000㎎となっています。

ポイント2:飲み方
金剛筋HMBは、飲みやすい錠剤タイプなので、水またはぬるま湯で飲むことをおすすめします。

他のサプリに比べて、即効性があるのでトレーニング前に飲むのが効果的ですよ。

もっと詳しい効果を知りたいという方は、公式サイトを見てみてください。

<寝る前に飲むという噂>
トレーニング前に、飲むというのは筋力アップ効果に一役買ってくれそうだということは、わかりますよね。

では寝る前に飲むと、どんな効果があるのでしょうか。

基本的には、トレーニング前に金剛筋HMBを摂取するのですが、トレーニングをしない日というのもなかには存在しますよね。

そんな日は、金剛筋HMBを飲まなくて良いのかなと思いがちですが、筋肉を作るサポートをするためにも、トレーニングをしない日も飲んだ方が良いのです。

その場合、食間や、寝る前に飲むのが効果的とされています。

寝る前に金剛筋HMBを摂取しておくことで、寝ている間にも筋力サポート効果を発揮してくれます。

そこではアミノ酸が重要な役割をしてくれ、寝ている間はアミノ酸を作ることができないため、寝る前に摂取し、アミノ酸を補っておくことが大事になるのです。

アミノ酸の量が少なくなってしまうと、筋肉の分解ができなくなってしまうので、それを防ぐために寝る前に摂取をするのです。

トレーニングをする日は、トレーニング前に金剛筋HMBを摂取しますよね。

そのため、トレーニングをしない日は、食間や寝る前に金剛筋HMBを飲み、アミノ酸を補うようにするのが良いでしょう。

もちろん、トレーニングをした日も寝る前に飲んでも問題ありません!

要はアミノ酸を上手に補給できるタイミングを見計らって飲むことで、効果を発揮してくれるのです。

金剛筋HMBに含まれる成分をもっと詳しく知りたいという方はこちらから。

<金剛筋HMBを、寝る前に飲むのは常識!?:まとめ>
金剛筋HMBは、筋力サポートをしてくれるサプリです。

飲み方によって、筋力アップ効果が変わってしまうのなら、正しい飲み方で飲みたいですよね。

ポイントは“アミノ酸”です。

寝ている間はアミノ酸が作られないので、寝る前に金剛筋HMBを摂取し、筋肉分解の動きが止まらないように、アミノ酸の働きを促すことが大事なのです。

トレーニング前に飲み忘れてしまったという方も、夜寝る前に水と一緒に摂取してみてください。

今日のトレーニングを無駄にしないためにも、効果アップを狙っていきましょう。

>>【ロナウジーニョ愛用】金剛筋HMBの詳細を確認する