クレアチン 食べ物

クレアチンが含まれる食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。食べ物から摂取するのと、サプリから摂取するのとでは、どちらが効率が良いのでしょう。
MENU

クレアチンは食べ物からも摂取可?含まれる食べ物をピックアップ

クレアチンは、運動をする人にとっては馴染みのある成分ですよね。

 

クレアチンはサプリとしても販売されているため、食事とは別で摂取するのが一般的となりつつありますが、毎日の食事の中にもクレアチンは含まれているのでしょうか。

 

毎日口にする食べ物の中にクレアチンが含まれているとすれば、どのような食べ物に含まれるのか気になるところですよね。

 

サプリとしてクレアチンを摂取するのと、食べ物から摂取するのとでは、効率が良いのはどちらなのでしょうか。

 

<クレアチンは体内に存在している?>
クレアチンはアミノ酸の一種で、成人で1日に必要なクレアチンは2gとされています。

 

また、成人で約120gのクレアチンを体内に貯蔵しているとされていて、なかでも骨格筋に95%のクレアチンが存在しています。

 

クレアチンには消費されたエネルギーを補うことや、エネルギー源として素早く復活する効果に期待をもてるため、トレーニングの持続にも繋がるとされています。

 

クレアチンは体内に存在していて、体内で作られる成分でもあるので、不足することはないとも言われていますが、きついトレーニングを行う方や、運動量が多い方は、消費量が上回ってしまうこともあります。

 

その際に、サプリで補充をしてあげて、エネルギー源を増やしてあげることが大事となってくるのです。

 

クレアチンは、筋肥大効果や、身体能力の向上、脳の疲労軽減などの効果があります。

 

体だけへの効果だけではなく、脳や神経細胞へのエネルギー代謝がスムーズになり、記憶能力の改善効果なども見込めます。

 

<クレアチンが含まれる食べ物>
クレアチンは、体内で作られる栄養素であることがわかりましたが、どんな食べ物に含まれているのかを見ていきましょう。

 

クレアチンは、赤身の肉や、生魚に多く含まれています。

 

生肉、生魚500gの中には、約3gのクレアチンが含まれるとされています。

 

ただ、加熱することで破壊されるため、加熱した場合の摂取量は60%〜80%程度となります。
500g中の豚肉には2.5g、牛肉2.2g、鮪2.0g、鮭2.2gです。

 

こうしてみると、日常的に口にする食べ物にクレアチンが含まれていることがわかり、食べ物から摂取することは、決して難しいことではないということがわかりますね。

 

先ほども話したように、成人で1日に必要なクレアチンの量は2gなので、1日のうちで500gの肉や魚を分けて食べれば良いのかもしれませんが、毎日のように肉や魚を500g以上食べるというのは、容易なことでもありませんよね。

 

日本は、欧米のようにジャンクフードがメインではなく、野菜やお米を摂ることが多いですよね。

 

クレアチンを蓄えようとして、食生活が偏ってしまっては、トレーニングにも影響がでてしまいそうなものです。

 

<効率が良いのは?>
効率良くクレアチンを摂取するには、サプリに頼るのもアリです。

 

しかし、クレアチンサプリの長期服用はあまり好ましくないため、食事で摂ることが最善とされます。

 

クレアチンのサプリを長期服用したことで、過剰摂取となり弊害があるとの報告がされているようです。

 

いくら筋力アップに繋がるといって、体調を崩すような、原因となるものを摂取することは、避けたいことで、健康的に摂取できることが一番ですよね。

 

食べ物だけで摂取したクレアチンで、激しいトレーニングをするとなると、エネルギー不足になりがちな部分も少なからずあると思います。

 

その点からも、食べ物からクレアチンを摂るというだけではなく、上手にクレアチンのサプリを組み合わせて摂取するのが好ましいでしょう。

 

<クレアチンは食べ物からも摂取可?含まれる食べ物をピックアップ:まとめ>
クレアチンは食べ物からも摂取することが可能であるということがわかりましたね。

 

しかし、食べ物から摂取できる量は限られていて、生肉、生魚が好きな方には良いかもしれませんが、バランスの良い食事を心がけたいところでもあるので、うまくサプリを摂りいれて、より効率よくトレーニングできるようにしていきましょう。

 

>>【メタルマッスルHMB】女性でも大丈夫?ダイエットに効果的な飲み方

このページの先頭へ